2015年10月11日

あと何十年

やっと一週間が終わりました。
働き出すと、一日がホント長い。

有休消化中、あっという間に一日が終わっていったのに。
この調子なら寿命まで光速で辿り着けるかもと期待したのに。

この先、あと何十年とこういう暮らしを続けるのでしょう。
ただひたすら、終末を楽しみにして重石のような日々を抱えて耐え忍ぶ人生。

結局、何も変わらない。

うんざり。

posted by まさぜっと at 00:13| 東京 ☀| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやいや、これから先マイナス方向へ急加速ですよ。
両親がいつか他界して、自分の体力と美貌は衰え
その反面、弟さんのお子さんはグングンと成長して…。
生きることは本当に苦行なのかもしれませんね。
Posted by タロ at 2015年10月11日 11:26
休日出勤帰りですが、同じ1日でも好きな事やっているのと仕事では、時間の流れがこうも違うかって思います。そのくせ起床から出勤するまでは時間の流れが速くてバタバタします。優雅にカフェオレにクロワッサンなんぞ完璧無理です。

耐え忍んで仕事をするにしても、奥さんや子供を背負ってたりしてたら違うんでしょうけど。
自分は独身ゲイで身軽なせいか自我ばっかり強くなっちゃって、何かにつけて不平不満やひねくれた捉え方をしちゃってます。
Posted by 智 at 2015年10月12日 00:29
>タロさん
そうですねぇ。
このまま維持できれば御の字なのかも。
これからは転落する一方。
人生なんて苦行です。
Posted by まさぜっと at 2015年10月12日 01:41
>智さん
休日出勤、お疲れさまでした。
大変でしたね。
同じ一日でも、時間の流れがどうしてこうも違うのでしょう。
好きなことを仕事に出来たら、一石二鳥なのでしょうけどね。
そんな理想はただの理想でしかなく…。
Posted by まさぜっと at 2015年10月12日 01:41
こんにちは
たまに閲覧させてもらっています。
子供が居ない為に、誰かの為に生きるって事がなく、投げやりだったんですけど、 母の介護をしなくてはならなくなり、死にたいなんて言ってられない状況になりました。母親を送り出すまでは、死ねないです。
Posted by けんじ at 2015年10月12日 14:57
けんじって名前で、以前から拝見させて頂いてました。けんじさんが二人だと、わかんないから、これからは、健司にしますね。京都市に住んでる方です。
死に損なった奴です。
多分、今年一杯で京都市からも脱出出来るかなって思います。
Posted by 健司 at 2015年10月12日 22:21
>けんじさん
お母様の介護、大変ですね。
僕も、親のこれからのことを思うと色々と考えてしまいます。
やはり、家族って切っても切れないように、何か強い糸で結ばれてるんでしょうね。
Posted by まさぜっと at 2015年10月13日 00:12
>健司さん
お気遣いいただきありがとうございます。
京都から脱出できそうですか。
確か、いろいいろと大変そうな環境でしたもんね。
けんじさん、一生懸命お仕事されるし、良い職場が見つかったのでしょうか…。
今年もあと3ヶ月弱ですね。
Posted by まさぜっと at 2015年10月13日 00:12
一日がやけに長くなりますよね。心底いやな時間を感じるときそうなりますよね。青木が原いきたくて最近。本当なんにもないとこ行きたいんですよ。ちょっと計画立て始めようかなとか考えてました。長いですよね。人によりけりですけど別に必要なものがこの先あるわけでもないなら長いですよね余計に。逆の場合もあるかもしれないですけど本当長いですよ。
Posted by ゆきだるま at 2015年10月13日 01:05
私は学生なのですが、学校にいると、自殺したいと思うことがあります。
もしや鬱ではと思い、手軽な診断をやると鬱に″なりかけ″でした。

結局は自殺出来ずにいるんですけどね。笑
Posted by はるか at 2015年10月14日 04:27
京都にある自動車工場にいますが、正直言って新人の受け入れ時の教育が最低です。問題が起こってから大騒ぎ。その内又、問題が起こるでしょう。そして結局は、派遣社員に責任を負わせて首切り。
京都の人間は、何事にも表面だけ。
もう、うんざりです。
Posted by 健司 at 2015年10月14日 20:43
>ゆきだるまさん
何もないところに行きたいっていう気持ち、なんとなくわかります。
拒絶したいというか、遠ざけたいっていうか。
しかし、時間が本当に長いです。
僕には無駄な時間でしかないのに。
Posted by まさぜっと at 2015年10月15日 00:14
>はるかさん
なりかけ、だったんですね。
今のうちに、病院で診てもらえば何か解決策があるかも?
Posted by まさぜっと at 2015年10月15日 00:18
>健司さん
責任は、ちゃんと取って欲しいですよね。
首切れば丸く収まるなんてこと有り得るのでしょうか。
問題はそのまま切れずに残ったままだと思うんですけどね。
Posted by まさぜっと at 2015年10月15日 00:18
会社のトイレに、落書きが…
「××かわいい」「××ほれたぜ」
他にも、朝礼で工長から、
「トイレの小便機に、大便がありました。」 やっぱり関西人、やる事が小学生並です。
Posted by 健司 at 2015年10月16日 06:25
まさぜっとさん
この掲示板にも関西人いませんでしたっけ?
極一部の駄目な同僚を切り取って、京都人は〜、関西人は〜、などとヘイトスピーチ
周りへ配慮できない人が、自分は違う!関西人はキチガイだ!みたいに書いてて可笑しいですね(笑)
Posted by ぶーみん at 2015年10月16日 14:36
交通マナーも最悪。うるさい、自己主張が強い。周囲の他人に対する配慮に欠ける。何が「おいでやす。」だ、ヘドが出る。
舞妓なんて、和製のキャバクラ嬢じゃん。とりあえず、次のステップに進みますよ。
さようなら。
Posted by 健司 at 2015年10月16日 18:52
>ぶーみんさん
関西の方も見てくださってますね。
僕も、心が荒れると思いもよらないことを口走ったりするので…。
安息できる生活が一番ですね。
Posted by まさぜっと at 2015年10月17日 01:14
>健司さん
なんだか、御気分が荒れてますね(^_^;)
まぁ、どういった地域かに限らずそういう落書きがあるようなところは、推して知るべしです。
次のステップ、安息できる環境だと良いですね。
Posted by まさぜっと at 2015年10月17日 01:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック